あきいろブログ

30代主婦の日々の徒然です。子供のことや日々の生活や趣味のことを幅広く発信していきます。

桜と富士山

こんにちは。

私の住むところでは桜の花は散ってしまいましたが、少し遠出をしてお花見をしてきました。

f:id:akiiroakiiro:20190418105130j:plain

こちら、山梨県富士吉田市にある新倉山浅間公園からの眺めです。

こちらの景色に見覚えのある方もいるのではないでしょうか?

日本版ミシュランガイドの表紙にも使われたこともある場所です。

300段以上の急な階段を上っていくか、スロープを登っていくのですがこれだけの眺めですのでそこそこ大変です。

私は息切れしました・・(^^;;

高齢な方や足の不自由な方には麓まで往復しているタクシーがありました。2〜3台づつ走っていました。

登ってしまえば疲れなんて吹っ飛んでしまうくらいの絶景です。

何も遮るもののない富士山に桜が満開に咲き彩りを添えます。

良い天気で空気も美味しく感じましたー♪

ただものすごく混んでいました!

やはりここでも外国の方の方が多かったように思います。

ここって京都じゃないの?なんて会話もちらほらと…。

この赤い忠霊塔が京都や奈良の神社を感じさせるのかもしれません。

もっと日本人にもメジャーになって欲しいなと思うくらい素敵なところでした。

 

ついに憧れのポケモンカフェへ!!

念願叶いまして、先日日本橋高島屋さん内にあります、初の常設店となるポケモンカフェへと行ってきました。

入店は基本的には予約制です。一ヶ月前からオンラインにて予約できます。

開店から一年が経ち、人気もだいぶ落ち着いてきたようですが、やはり土日は激戦な様子です。土日でも18時以降の予約には余裕があり、当日店頭で空きがあれば入店できそうでした。

我が家でも週末の予約は撃沈…。やっとネットに繋がったと思ったら18時までほとんど予約が埋まってしまっていました。

翌日月曜の午後で再チャレンジしてみるとすんなりと予約ができました。時間帯も選び放題でした。

ゆっくりとおやつを楽しむ感じで14時50分の予約にしてみました。

あとは一ヶ月まだかまだかと待ち、時にお片づけできない子はポケモンカフェに行けないぞーと言ってみたりしながら当日を迎えました。

f:id:akiiroakiiro:20190411153509j:plain

うぎゃー!壁一面に大きくポケモン達です!

f:id:akiiroakiiro:20190411153959j:plain

あっちにもこっちにもポケモンだらけ♪( ´▽`)可愛すぎます♡

店内ではどこでも撮影オッケーです。大きなぬいぐるみに娘も私も大興奮!

続いてメニューのオーダーです。店内では一人一つ以上の注文をしなくてはなりません。

f:id:akiiroakiiro:20190411154731j:plain

私はカフェラテを。キャラはものすごい種類から選べます。娘の希望でラプラス〜♪

f:id:akiiroakiiro:20190411155157j:plain

娘はプリンアラモードとフロートドリンク

可愛い見た目にテンションも上がりまくりです!ピカチュウのプリンはマンゴー味でした。全体的には味・サイズ共に大人仕様かな?と感じました。特に少食な我が娘たちにはおやつとして多すぎました(^^;;もちろん私が美味しく頂きました*\(^o^)/*

そして食事中にピカチュウが遊びに来てくれましたー!ツーショット撮影はできませんが、みんなでピカチュウを囲んで撮影会です。ピカチュウが頑張ってポーズをとってくれていて健気さに感動…。

最後に行ってみて驚いたのは外国の方が多いことです。店内の半分近くが外国の方でした。平日だからだったのでしょうか?でももちろんみなさんも予約してくるのでしょうからポケモン好きには変わりないと思います。やっぱりこの魅力は万国共通なんだわ!と嬉しい気持ちになりました。

この後はお隣のポケモンセンターDXでお買い物♪

この日のためにお手伝いやお勉強を頑張ったご褒美として、ゲッコウガイーブイのお人形を連れて帰りました。あとずっとポケカに憧れていた二人。ずっと二人が作ったポケカで真似ごとをして遊んでいたのでポケカのスターターセットを購入してみました。

これで本格的にポケカデビューです!

ポケモン大好き!

こんにちは。

今日は娘達と一緒にハマっているポケモンについて語らせて頂きたいと思います。

きっかけは娘達のお友達から教えてもらって、amazonのプライムビデオで見始めたことです。

現在はサン&ムーンというシリーズが地上波でも放送中です。

このサン&ムーンというシリーズが特に大好きで我が家でも毎週楽しみにしています。

それまでポケモンについては男の子が旅してポケモンを捕まえてゲットだぜ!みたいなことしか知りませんでしたが、お話をしっかり見ると面白いのはもちろんですが子供に教えたいことや、考えてみて欲しいことがたくさん詰まっていることに関心しました。

サトシがピカチュウやその他のポケモンそれぞれに傾ける愛情は、育てることに責任を持ち一緒に成長していこうとする力となります。そしてさらなる信頼関係を築いていきます。

仲間とはぶつかり合いながらも、お互いを理解して尊重した関係です。

これらは子供達には是非学んで欲しいことです。それがこんなにも楽しく自然に子供達に届くツールがあるなんてすばらし過ぎます。

私も一緒に見れる時には一緒に見て、気になった画面について娘達の意見を聞いてみたりします。なんであんな事言っちゃったと思う?自分だったらどうする?と話を広げていく事ができて私も楽しいです。

 

関連本もたくさん出ていて、特に我が家ではポケモン図鑑がお気に入りです。

この本はアイウエオ順にこれまでに出てきたポケモンが載っていて、大きさやタイプ・特徴が書かれています。

次女は文字の読みが苦手でしたが、この二冊は好んで見るのでだいぶ読むのが早くなりました。

堅苦しいお話が続きましたが、もちろんキャラクターの可愛さも魅力です(*^^*)

長女はゲッコウガラプラスソルガレオなど恐竜や昆虫モチーフのものに惹かれやすい傾向です。

次女はポッチャマデデンネヌイコグマなど可愛らしいキャラクターがお気に入りです。

ちなみに私はモクロウ・キテルグマ・シロン推しです*・。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. 

そして先日はついに憧れのポケモンカフェに行ったのでまたその事についても書いていきたいと思います。

 

我が家のランドセル事情

年々ランドセルの購入時期が早まっているなんて耳にしますが、皆さんの周りではどんな状況でしょうか?

我が家は昨年・一昨年と2年続けて購入しましたので、それぞれの購入から現在までを振り返りたいと思います。

まずは一昨年の長女から。

長女は購入の1年前から紫色が良いと言い続けていました。正直なところ、親としては赤系のスタンダードか茶系の飽きのこないカラーを望んでいました。

しかし長女の希望は最後まで変わらなかったので紫色でランドセルを探すことにしました。

まずは幼稚園から年中終わりから年長に上がる時に各社パンフレットをたくさん頂いてくるのでそれに目を通しました。

それから気になる工房系のパンフレットも幾つか自分で取り寄せました。

紫と言っても色々な種類があり、シャイニーなものからピンクよりな物・ふんわりパステル調な物…。

なるべく派手に見える物は好みではなく避けたかったのでくすみ系のラベンダー色でどう?提案したところ本人からのokが出たので、次は希望に近い色のランドセルがあるメーカーをパンフレットを元に探しました。

デザインとしてはシンプルであり、素材はこだわらない。あくまで希望色に近いものを基準に探し土屋鞄さんと中村鞄製作所さんの二つに絞りました。

両者値段もデザインもほぼ同じでしたが、A4フラットファイルに対応しているのは中村鞄製作所さんだったので(翌年から土屋鞄さんもA4フラットファイル対応となりました)こちらに実物を見に行き、そのまま購入しました。

当時ラベンダーは店舗限定商品だったのでゴールデンウィークには実店舗へ行き購入しました。

f:id:akiiroakiiro:20190409231904j:plain

店舗にて背負った感じも確認

本人も納得でとても気に入っていたので、お店では5分程で決まり!ラベンダーは合皮のみの取り扱いでしたが問題なし!あとはお会計と発送の手続きをして20分程でお店を後にしました。

店内はまだ5月なのに大混雑でお目当てのランドセルの試着を待っている方もいました。かなり絞り込んでほぼ決定の状態で行ったので店内が混雑していても苦労はしませんでした。

 

続いて昨年の次女編です。

中村鞄製作所さんのランドセルはシンプルだけどこだわりも詰まっていて、長女が実際使用し始めて良さも実感していたので次女も中村鞄製作所さんで買うことに決定!

今回もカラーは本人にお任せですが優柔不断な次女は二転三転としてなかなか決まりませんでした。そうこうしているうちに「もう買ったよ!」なんて声を5月上旬からチラホラ聞くようになりました。

我が家もそうでしたが第一子目のランドセル購入時期はは早いのかな?と思います。次女は限定色などには惹かれなかったのでのんびり待ち、今回も定まったところで店舗にGO!!!

次女は茶色に背当てとステッチがラベンダーのものにしました。次女は長女よりも小さく華奢なので、次女も合皮で軽いものがいいだろうと店舗で背負ってみると…

…ん?うん。悪くはない。でも…合皮感がすごくよく分かり、パンフレットでは分からなかった質感に違和感を覚えました。

長女のラベンダーはあまり合皮な感じはしないのですが、茶色という色だからでしょうか?テカリの具合が合皮の質感をはっきり感じさせました(あくまで個人の感想です)。

なので同じ配色の本革を試してみました。こちらは思っていた通りの風合いでした。多少重くはなりますが背負いやすい設計になっているので大丈夫でしょうと本革の方に決定しました。

f:id:akiiroakiiro:20190409235550j:plain

 

最近ではネットでの販売も多いですが、実物が見れるならば見た方が良い!というのが私のアドバイスです。正直二つ目のランドセルで、去年同じところでも買ってるし〜なんて完全に油断していました。

色によってこんなにも見た目の質感が変わるなんて驚きでした。

あとラベンダーは色も薄いので汚れが目立ちやすいです。手垢なのか?薄汚れた感じに見えるので定期的に拭いています。

 

そんなこんなでしたが二人とも中村鞄製作所さんのランドセルが大のお気に入りです。

今の所不便もなく、型崩れもないですし大満足です。

 

新生活スタート

4月を迎え新生活を送っている方も多いのではないでしょうか?

そんな我が家も次女が小学校へ入学しました。

二人分のお便りや提出物にパニック寸前でしたが、やっと目処が立ち落ち着きを取り戻したところです。

次女はまだ小学校生活では右も左も分からずな状態で、一つづつ教えていくことも多いのですが、長女もぼーっと系全開なのでこちらも目が離せません(^^;;

早速学校からの持ち帰らなければならない物の忘れ物多発です!

家から持って行く物は声かけしたり一緒に確認できますが、学校からの物は本人次第なので抜けが多いです。

この辺の改善のためにはどの様にしていったら良いのか悩ましいところです。。

春休みは明けましたが、気持ちは学校モードでは無い様です。

心ここに在らず…といったところで、完全に自分の世界にいることが多いです。

徐々に徐々にですよね。

親としても焦らずいたいものです。

 

 

 

 

今年度のプレイセラピーを終えて

こんばんは。

長女の一年生でのプレイセラピーと保護者(と言っても母親の私ですが)の面談が終了したので、この一年を振り返ってみたいと思います。

 

セラピー自体は小学校入学の約1年前より開始し、環境の変化による長女のサポートは万全だろうと入学を迎えました。

幸いにも近所には夕方になるとよく遊ぶ同級生やそのお姉ちゃんも複数人いたので、一緒に学校に行くことを楽しみにしていました。

入学前後にはチック症状(長女は口の動きや咳払い)もみられていましたが、本人は初めこそ緊張しているように見えましたがすぐに馴染み楽しんでいるようでした。

しかし、夏を前にして予期せね出来事が起きました。

主人の祖母が死去してしまいました。元々認知症が進み、自宅での生活が困難となり数年前から主人の実家近くの施設にお世話になっていました。1ヶ月前から急に食欲が落ち、寝てばかりいると聞いてお見舞いににも通っていましたが、もうすぐ100歳になろうかという高齢なことを踏まえて施設での自然な形での看取りとなりました。

主人は自分が大学に進学するまで、実家で両親と兄弟・祖父母と暮らしていました。本家いうのでしょうか?親戚という親戚が主人の実家に押し寄せました。主人には兄もいますが未婚ですので、このような時には私が長男の嫁のごとく働きます。

長女も学校を何日かお休みして葬儀等に参加しました。物心がついてからの初めて近い存在の死です。戸惑っている表情をしてみたり、いとことふざけてみたりとどのように受け止めているのかわかりませんでした。

私は毎日義父母のサポートに親戚一同の対応にと疲労困憊し、娘としっかり関わることができませんでした。

そして葬儀も済みひと段落した為自宅に帰り、日常が再開した時にやっと長女のチックがひどくなっていることに気がついたのです。

セラピーでも現状の報告と相談で、一時的に回数を増やし長女のことを見守って頂きました。

家ではさりげなく時間をコントロールしてあげて、ぼーっとしている時間は少しそっとしてあげたり、後で急がなくても良いように宿題が始められるように声かけしたり、外で遊びに誘ったりと満遍なく長女のやりたいこととやらなければならないことのバランスを取れるサポートに徹しました。

次第に長女も落ち着きを取り戻し、それ以降は時に大きな変化も無く過ごすことができました。

この時には先生には長女だけで無く、私も随分と助けられました。長女の対応に迷ったり、心配したりする時には先生のアドバイスに安心しました。親以外に長女のことをこんなにも考えてくれていることに感謝です。

1年生としての新生活でというより、予期せね出来事で長女の心が大きく乱れたという私にとってもまさかな展開となった1年生生活でした。

逆に小学校の準備は万全だったからこそ新生活での心の乱れは少なかったのでは!とも取れます…よね?

長女は予期せねことが起こるとストレスが大きいです。それが嬉しいサプライズのようなことであってもストレスを感じます。

今は先の見通しが出来ようサポートしていますが、今後はそんな自分を理解して、自分で見通しを立てられるようになって欲しいなと考えています。もちろんすぐにでは無くて、ずーっと先でいいんですけどね。

 

三鷹の森ジブリ美術館 申し込みから当日まで

こんにちは。

先日三鷹の森ジブリ美術館へ行ってきました。

まずは一ヶ月前からチケットを購入します。

毎月10日10時から次の月のチケットが購入できます。

チケットはローソンチケットのオンラインまたは、ロッピーの店頭端末からの申し込みのどちらかになります。

土日となれば早い時間から売り切れると聞いていたので、我が家でも10時前から主人と2人でローソンチケットにログインして申し込みに備えていました。

しかし、いざ10時になると回線が混み合い接続されません(二人ともスマホでサイトを開いていました)。あっという間に20分経過しましたが二人とも接続できませんでした。

そこでロッピーにて申し込みをする方に切り替えてローソンへと向かいました。ロッピーは使用している人もおらず、すんなりと申し込みができて5分程で完了しました。

やはり初回の10時入園は人気な様で売り切れていた土日もありましたが、午後からの

チケットはまだまだ余裕がありました。

 

チケットの購入はそのままローソンで代金を支払い発券されます。オンラインでも翌々日までにはローソンにて発券を済ませなくてはならないのでそのまま発券して頂きました。こんなことなら最初から店頭端末からチケット購入すればよかったと後悔です。

いよいよ当日です。かなり前に予約したのでお天気は祈るしかなかったのですが、なんとか晴れてくれました。

f:id:akiiroakiiro:20190328164416j:plain

屋上のまもり神

f:id:akiiroakiiro:20190328164641j:plain

外のみ撮影可能です

私自身は独身時代を含めて3回目の訪問ですが、何度訪れてもジブリの世界に入り込むことができる素敵な場所です。

子供達もジブリ映画は大好きで繰り返し見ています。自然や虫・動物・創造の生き物たち、そして人間を通して生きるうえで大切にしたいメッセージが込められているところが好きです。

私自身もそうですが、歳を重ねるごとに見ている観点も変わっていき感想も変わっていくので娘達にもその変化を成長と共に感じて楽しんでもらいたいところです。

今の娘達のお気に入りは『もののけ姫』です。

弱ったアシタカにサンが干し肉を食べさせるシーンがあります。

長女はそのシーンが好きで、干し肉を食べてみたいと。。

ひとまずビーフジャーキーを購入してみました。感想は本当に硬かったけど美味しいね!とのこと。

私には何てことないシーンでしたが、娘の小さな気づきや疑問を大切にしてあげたいです。